最近の更新 コメントスレッドの表示 / 非表示 | キーボードショートカット

  • admin 10:48 PM   2015年6月25日 パーマリンク  

    彼はスポーツマン 

    私の仕事関係の先輩にバリバリのスポーツマンがいます。彼の趣味はマラソン。趣味というか、特技というか、もはやライフワークのような気がします。読書が趣味の私には到底見習うことができないようなスポーツマンぶりです。
    彼は出社する前に5キロコースのマラソンをしてくるのだそうです。起き抜けで5キロ走るだけでも凄いけど、それを毎日続けているという事実に驚きです。それだけでは飽き足らず、たまに家から職場まで走って出社することもあるんですよ。だいたい10キロ近くあるのですが、行き帰りで往復20キロ!仕事もバリバリこなすのに、よく走る余力があるなあと感心します。
    彼は年に何度かマラソンの大会に出場し、かなり良い成績を修めているみたいですよ。そりゃあ毎日かかさず走ってますからね。日々の積み重ねの効果が出ているんですね。今度、同僚と一緒に先輩の応援に行くことになりました。目立つ旗を持っていこうかな、と提案したら先輩に「頼むから勘弁してくれ」と苦笑されました。目立つ応援は恥ずかしいのだそうです。
    そんな話を聞いていると、私も見習ってスポーツを始めてみようかなという気持ちにもなります。初心者でも手軽にできるもの、なにかあるかな?

     
  • admin 7:10 PM   2015年6月9日 パーマリンク  

    映画の見方 

    感動的な映画って一人で見たいですか?それとも友達や恋人と一緒に見たいですか?私は前者で、泣ける作品は家の中で一人っきりで見たいと思ってしまいます。映画館で見るのも有りですけど、泣いてるのを見られるのが恥ずかしくて、ついついこらえてしまうんですよ…。でも、こういうのって思いっきり泣いて感動を味わったほうが気持ちよくないですか?
    先週も、母子の別れを描いたとある邦画を家で再生して見たのですが、部屋を暗くして一人で見たら、わんわん泣いてしまいました。涙がボロボロこぼれてきたのですけど、誰にも見られていないし、いいや!と思って(笑)
    泣くことって、気持ちを落ち着かせてくれる効果があるみたいですね。思い切り涙を流した後って、心がすごく軽くなっているような気がするんです。だからこそ、一人で感動映画を見るのはやめられないんですよー。
    あとは、動物ものも泣けますよね。盲導犬の映画とか最近多いですけど、ああいう「頑張っている動物」系の作品に涙腺が反応してしまうんです。見たい映画がたまっているので、今度の休みの日に鑑賞しようかなと思っています。オススメの映画があったら教えてほしいですし、自分でもインタネットや雑誌で随時調べています。

     
  • admin 9:00 PM   2015年5月26日 パーマリンク  

    優れものメモ 

    友達がオススメしてくれた「ロディア」というメモ帳。本屋さんや文房具屋さんで売っているので、一度は目にしたことがあると思います。友達に教えてもらって以来、私もよく使っているのですが色々なサイズがあるので仕事用にもプライベート用にも使えるんですよ。キャラクターものの可愛いメモ帳も好きですが、シンプルで使いやすいロディアは私のツボでした。何より気に入っているところは、切り取り線がついているので、1枚ずつ切り離せるところです。なので、色々な用途に使いたい際に切り離して使える利点もあるんです。
    これを何に使っているかと言うと、私は日記兼メモ代わりに使っています。最初は小さいサイズのものを使っていたのですが、それでは書くところが足りず、A5サイズを思い切って買ってみました。カバンに入れても邪魔にならない大きさなので、私的には満足です。大きい紙になったので、字だけでなく絵も描きやすいです。ちょっと地図をメモしたり、雑誌のレシピを控えたりするときに絵も描くので、とても有能なメモとして活躍してくれています。
    ロディアは海外からきた製品なのですが、日本のものばかりにこだわらず、海外の良いものも自分の生活に取り入れていきたいなと、これに出会ってから考えが改まりました。

     
  • admin 8:39 PM   2015年5月11日 パーマリンク  

    便利の裏側 

    携帯電話がなくなることを想像したことはありますか?今は自分の体の一部のように持ち歩かれている生活必需品です。しかし、何十年か前には携帯なんて存在しなかったはずなのに、私達はちゃんと生活できていたのです。もしも今、何もない状態で初めて行く駅で人と待ち合わせをするとなったらどうでしょう?いつもなら私は、乗り換え案内のアプリを使ったり、友達にメールや電話で連絡をしたりと、人と会うためにも携帯をフル活用しています。
    「携帯の登場により、人間が本来持っている力が使われなくなってしまった」と辛口な意見が書かれた著書も過去にありました。時間に合わせて動く能力、「もしもの場合」を想定して計画する能力、記憶する能力など、すべて機械に肩代わりさせてしまい、人間が行う作業は僅かになってしまいました。人間は本来、通信機器を持たなくても人と待ち合わせをする能力があるはずです。時刻表を使ったり、駅の時計を見たり、前もって約束をしてメモを取っておいたりすることにより、頭と体を使った待ち合わせができるはずなのです。
    とても便利な機器ではあるけれど、そればかりに頼っていては持っている能力を失う恐れもあるのですね。使い過ぎには気を付けようと思います。

     
  • admin 1:11 PM   2015年4月25日 パーマリンク  

    手当ての力 

    先日読んだ雑誌に書いてあったのですが、手の力ってすごいんですよ。知っていましたか?「手当て」という言葉がありますが、これは文字通りハンドパワーのことを言うのだそうです。手当てと聞くと包帯や薬を使うイメージがありますが、本来はお母さんの手を痛い部分に当てると自然と和らぐという意味合いが強いのだそう。自分の小さい頃のことを思い出してみると、たしかに、お母さんや保育園の先生が転んで擦りむいたところを優しく手のひらで撫でてくれたことが最高の薬でした。お腹が痛い日も、誰かの優しい手が「大丈夫?」と撫でてくれたことにより痛みが和らいだ…なんていう経験はありませんか?単純に感覚が気持よいだけではなく、手のひらを介してその人の愛情が伝わってくるのかもしれません。
    小さい子にしてあげるだけでなく、大人同士でも「手当て」は効果的なんですって。夫婦同士で肩を揉み合うのも立派な手当なんだそうですよ。皮膚は第二の脳と呼ばれているらしく、とても敏感に様々な感覚をキャッチする部分です。自分へのご褒美にオイルマッサージを受けに行くこともありますが、単にマッサージの技術で気持良いだけでなく、手のひらからパワーや愛を受け取っていたのかもしれませんね。手で触れることは、大切なんだなあ。

     
  • admin 11:10 PM   2015年4月10日 パーマリンク  

    動物園に響く歌声 

    先日、商店街の福引で動物園のチケットを2枚もらえたので、せっかくなので友達と二人で行ってきました。久しぶりの動物園です。子どもの頃はよく行っていたけれど、大人になってからじっくり楽しむことはなかったなあ。
    園内の様子も昔来たときとはだいぶ変わっていました。話題のエキゾチックアニマルが展示されていたり、海の生物を観察できる「マリン館」ができていたり。幼稚園児の遠足の団体なんかもいて、その日はだいぶ混雑していました。
    園内をグルリと回って少し疲れ始めた頃、友達と私が足を止めたのはゾウの檻の前。大きな体と長い鼻、雄大な姿は今も昔も子どもたちの人気を集めています。檻の周りを20人近いお客さんが取り囲んでいました。最初はゾウを見ているのかな?と思いきや、お客さんが見ていたのは檻の中ではなく、外でギターを持って弾き歌いをしているおじさん。派手な帽子をかぶり、目立っています。彼は素敵な声で、詩人のまどみちおが作曲した「ぞうさん」を歌いながらギターを演奏しました。低く響き渡る声は、グっと心に来るものがあって不思議と涙腺が緩んでくるようでした。他のお客さんによると、彼は不定期に動物園にやってきてこうやって弾き歌いをしていくのだそうです。素敵な歌声を聴けて、思い出に残る動物園でした。

     
  • admin 6:52 PM   2015年3月26日 パーマリンク  

    小さな袋の魔法 

    先日、本屋さんの文具コーナーで可愛いぽち袋が売っているのを見つけました。「こころばかりですが」と書いた花模様のぽち袋。なんだかこの袋に飴を1つ入れてもらうだけでも、ちょっと嬉しい気持ちになりそうじゃないないですか。それに、あげるほうもわくわくしそうじゃないですか。
    こういった小さい袋を使うのって、お正月のお年玉の時期だけかと思っていたんですが、意外とそんなことはないのだと知りました。文具コーナーには、それ以外にも可愛い小袋がたくさん。キャラクターものから、押し花が添えてあるもの、水墨画の綺麗なもの、ちょっとしたコレクターもいるんじゃないかしら?と思うほど種類が豊富なんです。手紙を入れて郵便に使うには少し小さすぎるかもしれませんが、「こころばかり」の文字通り、他の人に何か手渡す時にこの袋を使ったら喜ばれるかもしれませんね。
    さっそく気に入ったぽち袋を購入し、仕事の後輩の女の子に飴を入れて「お疲れ様」と渡しました。「わ!なんですかこれ?」と子どものように目をキラキラさせて袋を受け取り、中身を確認してさらにキラキラと目を輝かせていました。満面の笑みでお礼を言われ、なんだか気恥ずかしくなってしまいました。こころばかり、大切な気持ちですね。

     
  • admin 8:00 PM   2015年3月11日 パーマリンク  

    お手紙の温かさ 

    いつも我が家に来る郵便屋さんは、もう少しで定年を迎えるKさん。Kさんはひょろっと背が高く、頭の毛も薄い、悪く言えば「弱そうな」おじさんなのですが、大きな宅配の荷物を軽々と抱えてやってきてくれたり「まいど!げんきですか?」と大きな声で挨拶をしてくれたり、見た目に似合わずタフな人です。
    郵便屋さんなので立ち話をする時間もなく、すぐに去ってしまいますから彼の素性は分からないのですが、きっと良い人なのだろうということは彼の仕事ぶりから伝わってきます。親切な人で、「何か持っていく郵便物はあるかい?」と確認してくれます。私は定期的に祖母に絵葉書を送っているので、それがあるときにはKさんに手渡してお願いしているのです。
    先日、いつものように葉書を渡すと「いつも綺麗な葉書を送っているね。手紙を書く習慣があるって良いことだよ」と嬉しい言葉をくれました。本当はメールでもやりとりできるのですが、文字を書いて言葉を紡ぐ習慣を大切にしたいと思い始めた、祖母との絵葉書のやり取りでした。Kさんの温かい言葉を聞いて、よりいっそう、手紙を書く習慣を大切にしたいなと思いました。祖母から返事が来るのを待つ時間も、私の楽しみの1つです。

     
  • admin 9:25 PM   2015年2月24日 パーマリンク  

    海外に行くために必要なことは? 

    海外にホームステイに行く目標があるので、今、必死で英語を勉強しています。NHKでやっている英会話の番組や好きな海外ドラマを字幕で見て、少しずつ耳をならしているところです。「耳で聞くのもいいけど、目で読むのも大切よ」と友人に教わり、英字新聞なんかも読んでいます。でも、分からない単語が出てくるのでスラスラ読むには程遠いです…。英語って一朝一夕では身につかないものですねえ。
    分からない単語は、受験生の時のように単語帳を作って覚えていく方法も勧められたのでやっています。辞書で分からない単語を調べ、単語帳に書き、空いた時間にペラペラとめくって覚える…。まるで本物の受験生みたいですよ。
    そんな努力を続けて数週間、過去に留学経験のある私の叔母に会う機会があり海外での生活について色々と聞いてみました。私が学生のように勉強していると知った叔母は大笑い!「そんなの現地に行ってから覚えるのよ!というか、覚えるために行くんだからやっても無駄無駄」と一蹴。でも、どっしりした叔母の言葉を聞いたら、焦って英語を勉強する必要はないのかなと少し安心しました。
    私は私のペースで英語を覚えていこうと思い直すきっかけにもなりました。言葉も大切だけど、まずは異国の文化を知るのも大切かなあと考えています。

     
  • admin 2:43 PM   2015年2月8日 パーマリンク  

    お医者さんいろいろ 

    市立図書館に「本のお医者さん」がやってきました。最初に見た時は「え?図書館なのにお医者さんって・・・!?」と驚きましたが、2ヶ月に一度、本の修理の専門家が来て本の破れなどを直してくれるのだそうです。お医者さんの正体は、近所の印刷屋さんのおじいちゃん。昨年、印刷屋を定年退職し、今はボランティアで本の修理を行っているのだとか。
    図書館で借りた本だけでなく、家にある本も直してくれるというのがとても良心的です。私も大事なハードカバーが壊れてきてしまったので、さっそくお願しにいきました。乱丁のようにページが落ちてしまった部分も、彼の手にかかればあっという間に直ります。専用の糊を使って、1時間ほどで綺麗に修復してくれました。さすがプロのワザだけあって、仕上がりも大変綺麗なんですよ!昔から大切に持っていた本だったので、直った時には感激しました。
    「ずっと本を作る仕事だったから、今度は本を直したくて始めたんだ」とお医者さんは語ります。彼の活動に影響を受けた町のおもちゃ屋さんは「おもちゃの病院」を始めたのだとか。大切に長く使っているおもちゃや本を治すお仕事、とても素敵だなと思います。これからも続けていただきたいです。

     
c
新規投稿作成
j
次の投稿 / 次のコメント
k
前の投稿 / 前のコメント
r
返信
e
編集
o
コメントを表示する / 隠す
t
トップへ移動
l
ログイン画面へ移動
h
ヘルプを表示する / 隠す
shift + esc
キャンセル